症状や治療方法として|ガンと闘うなら免疫療法がお勧め|目には目を歯には歯を
病棟

ガンと闘うなら免疫療法がお勧め|目には目を歯には歯を

症状や治療方法として

カウンセリング

初期症状

咽頭とは喉の奥をいい、部位によって上咽頭・中咽頭・下咽頭に分けられます。また、すぐ近くに喉頭という部分がありますが、これは喉仏に近い部分をいうので、よく間違われることがあります。咽頭に出来るがんのことを咽頭がんといい、これも部位によって分けられます。咽頭がんも他のがんと同じように初期症状が確認しづらく、医療機関へ訪れた時には症状が進行していたという場合も少なくありません。さらに、喉にはできものや腫れが発生しやすく、その段階では咽頭がんとは思わない場合も多いです。主な症状としては、喉の腫れや締め付けなどの違和感、食べ物が喉に引っ掛かかりやすいなどの基本症状をはじめとして、声の枯れやリンパの腫れなどが挙げられます。また、飲酒や喫煙を日課としている人は咽頭がんになりやすいため、普段からよくお酒を飲む人や煙草を吸う人が喉の違和感を感じた場合は、特に注意深く観察することが重要になります。

対策や治療の方法

咽頭がんの原因には様々なことが考えられますが、一番は飲酒と喫煙です。また、喉の酷使や日々のストレス、生活習慣の乱れなども挙げられます。そのため、咽頭がんを予防するためには飲酒や喫煙を控え、生活習慣を整えることが基本になります。咽頭がんの治療方法は、外科治療・放射線治療・化学療法の三大治療が挙げられますが、咽頭がんは他のがんに比べて放射線治療が効きやすい傾向があります。そのため、クリニックでは放射線治療が行われる事例が多いようです。