進化を続けるがん治療機器|ガンと闘うなら免疫療法がお勧め|目には目を歯には歯を
病棟

ガンと闘うなら免疫療法がお勧め|目には目を歯には歯を

進化を続けるがん治療機器

辛い

増えていく可能性

サイバーナイフとは産業用ロボットアームやミサイルの追尾システムなどを応用した、主にがん治療用の医療機器です。ガンマナイフと同様、メスや麻酔の要らない少ない負担で、高い精度の放射線治療を行えるのが特徴ですが、ガンマナイフにはない特徴が有ります。ガンマナイフは基本的に頭蓋腔内部の腫瘍を対象とした機材ですが、サイバーナイフは頸部など、他の部位にも処置可能です。また、癌だけではなく、脊髄動静脈奇形の治療も行えるのが特徴ですね。サイバーナイフは世代が新しくなるにつれて開発が進み、より手軽に治療を受けられるようになっています。治療可能範囲も増えていますので、手術困難な場合でも、治療が可能になるかも知れません。保険適用外の部位でも処置は可能ですので、手術が難しい場合などには検討してみては如何でしょうか。

今後の発展に期待

サイバーナイフは正確に病変に放射線を照射する優れた技術で、正常な細胞の被曝量を減らし、負担を軽減して放射線治療が行なえます。世代が新しいほど洗練された技術が用いられており、進歩を続けている医療機器です。ガンマナイフのように、頭部をフレームにビス止めする必要性がないなどの従来の利点はそのままに、より複雑な形状の癌や、難しい位置のがん治療も可能です。また、負担度は軽いとは言え金属マーカーを埋め込む手術をする場合もあるのですが、新世代では、その必要性も低減されています。脊柱転移した癌などにも治療は可能な性能があり、現在は保険適用外になる部位でも処置は受けられます。今後も性能に併せて、保険適用も増えてくるものと見られ、現在、注目を集めている放射線治療機器です。