初期症状が出にくい|ガンと闘うなら免疫療法がお勧め|目には目を歯には歯を
病棟

ガンと闘うなら免疫療法がお勧め|目には目を歯には歯を

初期症状が出にくい

病院

発見と治療が難しい病気

すい臓がんは発見と治療が難しい病気で、日本では毎年3万人以上の方がすい臓がんでなくなってします。発見が難しいのは、すい臓の位置に原因があります。すい臓は体の深い所に位置し、胃、小腸、十二指腸、大腸、肝臓などに囲まれており、がんを見つけるのが難しい臓器です。すい臓がんを引き起こす原因には、糖尿病、すい炎、そして喫煙と肥満などが挙げられます。しかし、実際にどんな人がすい臓がんになり易いのかは、医学が発達した現在でもよくわかっていません。早い段階でのすい臓がんには、これと言った特徴的な症状がありませんが、胃の周辺や背中に重い痛みを訴える方が多くいます。したがって早期の段階での発見は難しく、発見された時にはすでにがんが進行している事が多いのです。

効果的な治療

すい臓がんの治療は早期発見が大きな鍵となります。治療は手術(外科手術)と化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療が中心であり、治療効果が一番高いのは手術です。しかし、手術できるのは肺と肝臓、そして血管にがんが無い事が条件でとなります。もしも転移が認められた場合には手術ができず、この様な場合には抗がん剤治療が行われます。抗がん剤治療は副作用の心配はありますが、痛みを和らげる効果と生存期間を長くする事が認められています。すい臓がんを手術で取り除いた後でも、一定期間を抗がん剤治療を行うと生存期間を伸ばす事が出来るといわれています。その為に、手術後でも抗がん剤治療が広く行われています。また、抗がん剤治療と化学療法を組み合わせて治療する事で、より効果が出やすいというデータがあります。